シミ消す 薬

シミ消しの薬とは

肌に生じたシミの治療法としてはビタミンCやビタミンE、コラーゲンといった成分を摂取して肌のターンオーバーを活性化させる方法のほか、ケミカルピーリングやレーザー治療といった専門的な方法が有名です。しかし薬の使用で改善することもできます。いわゆるシミ消しの薬といったものもあるのです。

 

代表的なシミ消し成分ハイドロキノン

その代表格がハイドロキノンといった成分。これらを配合したスキンケア製品も販売されています。

 

この成分は「美白成分」とも呼ばれており、メラニン色素の生成を抑制する優れた効果があります。メラニン色素が皮膚に沈着してしまったものがシミとなるわけですから、シミ消しに最適な成分なのです。また、メラニン色素を作り出す細胞の数そのものを減らすこともできるため、継続して使用することでシミの予防にも役立ちます。

 

もともとこの成分は刺激が強すぎるため市販が認められていなかったのですが、2001年に改正された薬事法によって販売が認可されました。濃度によって効果が異なるため選ぶ際には注意したいところ。

 

トレチノインの使用には医師の処方が必要

もうひとつ、シミ消しの薬として有名なのがトレチノイン。こちらはピーリング効果を備えた成分で、皮膚表面の角質を除去することでシミや角質肥厚を改善し、皮膚細胞の増殖を促進することでターンオーバーの正常化、再生力の向上といった効果が期待できます。なお、この成分は国内での販売が認められていないため、医師の処方のもので入手するか、海外製の製品を購入する必要があります。

 

これらが代表的なシミ消しの薬となりますが、もうひとつ、内服薬という選択肢もあります。これは医療機関で治療を受ける際に医師から処方を受けるもので、ビタミンCなど体の内部から肌の健康状態を改善する効果がある成分が配合されています。内服薬だけでシミを完全に除去するのは難しく、外用薬やレーザー治療などの治療と併用して行う形となりますが、メインとなる治療のサポートとして役立ってくれます。

 

安全性には十分な注意が必要ですが、こうした薬を使用することで長年のシミの悩みを改善していくこともできるでしょう。選択肢のひとつとして検討してみる価値はあるのではないでしょうか。
参照:シミ美容液 | 美白化粧品